-

「スプレッド」とはFXは通貨を売買の注文をして利幅を上げる投資です。ベルタプエラリア

売買の値は上がったり下がったりします。アイハーブ

これが為替レートです。ライザップ 八王子

インターネットを見ているとドル円やユーロ円の話題が流れる場合があります。ライザップ 池袋

よくあるのが「ただいまの為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。ライザップ 新宿

これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表現しています。オールインワンゲル

言い換えると、買値と売値の2つの価格が存在する事を示しています。ライザップ 千葉

売値のことをビット、買値の事をアスクと示しているFX取引会社も存在しています。

売値が安く設定されています。

あなたが買うときには高く、売るときには安くなります。

その差をスプレッドといいFX業者の稼ぎの一部になっています。

スプレッドの差は取引会社によって変化します。

スプレッドは自分自身にとって費用になるので、狭いFX業者をセレクトしたほうが儲けられます。

ただし、同じ会社でも状況に応じてスプレッドは拡大したり、縮小したりします。

もしも通常はドル円の組合せでたった1銭のスプレッドの幅だとしても市場の変動が大きい状態では広くなったりするのです。

そういう訳で、スプレッドの幅が狭いのと同じくらい、変わらないのが重要です。

現在では決まったスプレッドの幅を提示する取引会社も多数存在しています。

現実に業者の売り買い画面で現実の市場を確認しなければ評価できないのでわずらわしいですがとても大事な事です。

重要なお金を投じて注文するわけですから、取引の前に、興味がある会社の取引口座開設をどんどんして、表示されているスプレッド幅を確かめましょう。

同じ通貨ペアでも、そのときの為替のボラティリティによって、通貨のスプレッドの広さは異なる場合があります。

普通は、インターバンクマーケットで取引量の多くて、流動性の高い通貨ペアではスプレッドの幅が狭く別の通貨ペアではスプレッドの広さが広くなるのが一般的です。

Category

リンク