-

ありふれたビギナー向けのFX取引の本では「損が生まれたケースではナンピンして全体の買い付け価格を下げる」と助言されていたりする事もありますが、ここには大きな罠があります。マクドナルド アルバイト 時給

最初に、ナンピンの原理について説明しておきます。メルパラ

例として1ドル100円でドルを買ったとする。【偽りの飲み物?】水素が持っている働きとは?

ドル買いですから、円安に向うほど黒字が出ますが、思い通りに行かず1ドル95円まで円高ドル安に推移したとします。チャットレディ ランキング

そのままポジションを持ち続けたら、利益がでるためには、損した分ドル高に向う必要があります。菊芋サプリ

みんな、損はなるべく早くリカバリしたいと考えるでしょう。ほぼスマホ

この状況を乗り切るため最初に取引したのと同額の$を、1ドル=95円で売買します。小胸ちゃん注目

すると、平均の価格は1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。ペニトリン

この結果、半分の幅で円安に推移すれば損失を回復できます。中古車 売却

この流れがナンピンの原理です。髪の毛 ボリューム 増やす

ナンピンの理論を理解すると「まちがいない」という風に思うが簡単には問屋を卸してくれない。

初めから、95円より下がらないとは誰も分かるわけがありません。

市場が相当の円高傾向だとすれば1ドル=95円ではとまらず、一段の円高が進む可能性が高くなります。

仮定として、1ドル=97.50円でナンピン買いをした時に1ドル95円まで円高ドル安が進んだらナンピンした分についても、マイナスが生じます。

この状況では、一番初めに保有したポジションと一緒に二重の為替差損が生じます。

この通り、ナンピン買いは大変です。

それなら、外国為替市場が自分自身の台本とは逆向きにすぐに向ってしまった場合いかなる方法で危険性を避ければいいのでしょうか。

選べる術は2つ。

まずはじめは潔くあきらめてポジションを閉じる事です。

もうひとつは今、自分か所有している買いポジションを少なくして、もう一度外国為替市場が戻るのを何もしないで待機する事です。

かなり受動的な方法だと考える人もいるkもしれません。

しかし、自分が所有している買いポジションにマイナスが出た場合、最も効果のある手法はそれ以外には考えられません。

言うまでも無く、考え方としては、ナンピンをしてみる方法もあると思います。

しかしナンピンはあなたが損をしているのに、ポジションを減少させるどころかそれとは反対に買いポジションを積んでいく手段です。

これでは、危険性をコントロールすることなどどう頑張っても不可能だと思うべきです。

ナンピンを続ける事ができればいずれは儲けが出るかもしれません。

だけど、それ以前にお金はショートしてしまうだろう。

Category

リンク