-

店舗で全ての保有カードが決済できるのでもない■クレジットカード会社の契約店はおおむね、たくさんのクレジットカードブランドと契約していますが、残念ながら店舗でみなのブランドの契約カードが使えるわけじゃありません。仕事 辞めたい アフィリエイト

例をあげれば古い加盟店舗の際だとJCBのロゴの書いたそのクレジットカードしか決済できないときもあるし、今日日の店舗なんかではVISAやマスターカードのロゴの書いたカードのみしか使えないときもあるでしょう。

銀聯みたいなカードの場合、増して使用できない場面が増えるんじゃないでしょうか。

どのマークのクレカが使用可能かというのをどんな方法で見たらいいの?「だったらいかなる方法でどの印のクレジットカードが使用可能かというのを判断するといいのか?」といってはみたものの正確に見るんだったらそこの方に確認してみるほかないというのが残念ながら正しい答えです。

ただしおおよその店舗やホテルには店舗前の入口の部分に使用できるクレカ会社のサインがプリントされている認証マークが掲示されているんで、「そっか、このレストランではダイナースカードが使用可能なのだな」という感じに迷わないようにされているため留意しておいていただけるとよいと思います。

反対に、きっちりと案内が出来ていない加盟店で切るときには、印が掲載されている店舗でも「当店ではそのクレカはお受けいたしかねます」等の返答をされる状況もあるため頭が真っ白になってしまうこともなくもないですね。

そこで、できる限りは全ての加盟店でカードが使用できるようにしたいならば、異なる種類のロゴ(海外印)がはいった一般的なビザカードマスターカードダイナースカード、等のクレカを2枚以上契約するようにお勧めします(例えば:ニコスカードを持っているならその次はアメリカンエキスプレスカード契約のクレジットカードを財布に入れておくなど等)。

もっぱら日本ではVISAカード、マスターカード、JCBカードの3つのカード会社が入ったクレカを常に使っていればよほどのことがない限り100%の加入店舗で3枚のうち少なくとも1枚のカードを使用するよう準備できていることになります。

カードを使いこなして効率的にスマートな支払いを目指すならばきっちりと上記のクレカを使えるようにしておいて損はないでしょう。

Category

リンク