-

ノートパソコンの前に座ってつねに上がったり下がったりしている市場を眺めていると、すぐに取引をしたくなるという衝動が沸き起こる方も多いと思います。しかし、ぼんやりした思いで売買するのだけは決してしてはいけません。分かっていると思いますが、外国為替相場は四六時中常時いずれかで外国為替市場が動いているし、市場もいかなる時でも動いています。しかし、だからといって闇雲に取引を積み重ねるとその回数だけ損失を被る率が増します。もちろん、注文の数を増やすことによって次第に勝つ可能性が50%、50%になるのは事実。けれどもそれは「なんとなくアイデアで売り買い」してしまうこととは話が違います。トレード回数を積み重ねるというのは自ずから「ここは!」と思える勝機を持ったケースでのトレード回数を積み重ねるという意味です。ただ何となく、ひっきりなしに売買を積むのとははっきりと違います。市場の勝負に勝つためには自ずから思案してけじめをつけることこそが肝心です。「ここで勝負」とよく考えた相場の時には、覚悟を決めてポジションを増やして、徹底的に利益を追求します。「かなり分かりにくい外国為替相場で、どうなるかわからないな」と感じたならば、諦めて所有ポジションをひとつ残さずクローズして何もしません。そのくらいのメリハリがあったほうか、結果的にエントリーは成功します。相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。まったく言葉どおりです。為替取引とは、いつも売買ポジションを保有する事が肝心な事ではなく、どれも所持せずじっと見ていることも状況によっては相場なのである。そうであるならば、どういう時に、休みどきなのでしょうか。第1に考えられるのが、前に述べたように、最近のマーケットが具体的によく見えない時。今後どうなるのか見通せない時は、思いつきで行動すると、自身で考えた脚本とは反対の方向にマーケットが向ってしまい損失を被る事になります。そのため、そんな状況ではポジションを整理してそのままの状態で黙ってみているだけが最良の選択です。もうひとつの場面は、自分のコンディションが変なときです。健康状態と外国為替相場に何の影響も与えないと考える方もいると思いますが大きく影響を与えます。体の調子が変な時は、市場の決断しなければいけない局面で、冷静な決定ができません。興味がわかない時は市場から離れる事も重要な事です。

Category

リンク