-

今回は為替の基礎的要素についてのお話をしたいと思います。為替とは何かというと「目の前で現金の送金しない場合でもお金のやり取りの趣旨をクリアする取引」を示します。為替というのはあらかた外国為替について示す場合が多いのです。外国為替といえばお互いの国の通貨の引き換えのことを示します。海外旅行(イギリス、台湾、タイ、アメリカ合衆国)などしたことがあるならば必ずといっていいほど国際為替の体験をしたことがあるはずです。近所の銀行にて外国のお金へ換金した場合は、外国の為替になります。為替レートは買いたいと思う人と売りたいと思っている人の金額を指したものです。銀行と銀行の取引の末に決定されます。その銀行とはマーケットメイカーと俗にいわれる世界のいくつもの銀行であります。為替のレートは種々の力を受けつつ休まずにみるみると変化して行きます。為替相場を変動させて行く動因としてはファンダメンタルズというのが言われます。ファンダメンタルズとは経済の基礎的条件とか様々な要因のことです。各国のGDP成長率や景気の状態、物価の水準、金融政策、貿易収支、重要人物の一言などのものによって為替のレートは変化するのです。中でも国際収支や失業者数は影響が大きいなのです。国際収支統計というのは、日本の中では財務省よりの用命で日本銀行が輸出入統計を基にまとめた異国とのある期間の経済上のやり取りを書き記したものです。こちらは中央省庁や日銀のホームページの中で見ることができます。労働者の統計・失業者の割合もチェックされる項目であります。ひときわアメリカの雇用者の統計は影響します。月一で発表され調べる目当てが広範囲なのがポイントです。為替相場の推移は各国の経済の状況を示しているのです。各国の経済の変化を理解することで為替のレートの状況の先読みができると言えるのです。

Category

リンク