-

現実にパソコンの前に座り、リアルタイムで変化している市場を目を向けているとトレードをしなくてはいられないという衝動に追い立てられる方も多いと思います。しかしながら、なんとなく直感で売り買いをするのだけは絶対にしてはいけません。ご覧の通り、外国為替市場は終日、常時いずれかのマーケットはやっているし相場も休みなく、上がったり下がったりします。そうであっても、トレードをしていると、その分マイナスになる危険が高くなってしまいます。当然、売り買いの数を積む事で勝つ確率が50%、50%になるのは事実です。けれどもこの事実は「明確でない勘でエントリー」することとは別問題です。取引回数を積み重ねるとは自分が「ここで勝負」と感じた時機を得られた場面での売買回数を増やすという意味です。ただ、休む間もなくトレードをするのとは大きく違います。市場の駆け引きに勝利するためには白分で意識的にけじめをつけることが重要です。「ここは勝てる」と感じたマーケットの時には覚悟を決めて所持ポジションを増やして、積極的に儲けを追求します。「何となく悩ましい為替相場で、どう変化するのかわからないな」と感じた時は諦めて売買ポジションを閉じて黙っています。そのくらいのけじめがあったほうが、最後に売買はうまくいくものだ。相場の格言には「休むも相場」というものがあります。本当にその通り。取引とはいつもポジションを保有する事が大切ではなく、どのポジションも持たないでじっと待っている事も場合によっては、相場なのである。では、どういう場面で休めばよいのだろうか。ひとつは、前述したように、今の為替相場が今ひとつ理解できない時です。これからどうなるのか決断できない時は何も考えず行動すると、自身の書いた脚本とは異なった方向にマーケットが推移してしまい損失を被ることになる。そのため、こういったケースではポジションを閉じそのまま何もしないで静観しているのがいいと思います。もうひとつの場面は、自分の体の具合があまりよくない時です。コンディションとマーケットに関係性はないと思う投資家もいるでしょうが思いのほか影響します。体の具合が悪い時は、為替相場の決断しなければいけない局面で正確な決定が難しくなります。興味がわかない時は、トレードから距離を置くことも大事なことだ。

Category

リンク